老後破産ってなに?

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近では老後破産が問題になってきています。

【老後破産とは】
60歳で定年を向かえて、それ以前の給与とはかけ離れた低額の給与で
生活をしなければならない場合があります。
現行では、老齢厚生年金の支給が65歳からなので、
この支給までの5年間を貯金などを切り崩して生活するも、
65歳まで資金が底をつき、立ち行かなくなる状況のことで、
破産のような状況になることを指します。

またこうした老後破産になる要因には、
現役時代の住宅ローンが重くのしかかっていることも指摘されています。
つまり老後資金である退職金を残債の住宅ローンに充当して全く残らなくなり、
貯金も少ない世帯では老後破産に陥るリスクが大きいです。
現在では国としては、65歳まで雇用延長に舵をきて会社に義務付けてはいますが、
その成果があがらず、中小企業では雇用延長はあっても、給与が大幅に下がるのが現状ですので、
この老後破産の根本的な問題解決に至っていません。

この老後破産の回避には、
安心できる預貯金を持つこともありますが、
非正規雇用の方には難しく、それ以外の対策として
定年退職後にも手に職をつけるために資格を取得することで
年金受給をしても仕事ができるような状況にしておくなどの
防衛策は必要であると思われます。

また、老後のための自己投資も個人的には狙っているところです。
昨年話題になったゆうちょのIPOは当選しなかったので残念ですが、
今年ははてなブックマークでおなじみのはてな上場が決定しましたからね!

とにかく当選するように複数買いで行きたいと思います!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.thevillagesci.com/mt-tb.cgi/2

コメントする