老後破産  今後どれくらいの人が老後破産する?

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は今現在IPOというものをやっているのですが、IPOはリスクが少ない投資で人気があり結構儲かります。

そんな中最近、スマートニュースがIPOに新規上場するという噂を耳にしてチャンスだと思っています。
みなさんも老後のため色々準備してみてください。

今回はせっかくなので老後破産についてお話します。

現在で300万人以上の人が老後破産をしています。
そのうちに生活保護を受けている人は70万人ほどです。
今後は老人がどんどん増えて、老後破産をする人も増えていきます。
国民年金だけでは月々六万円程度にしかなりませんし、サラリーマンも安心してはいられません。

厚生年金をきちんと支払っている人でも、
将来もらうことが出来るのは国民年金と合わせて16万程度です。
年金ではギリギリの生活しか出来ません。

また、今の世代で四十代の人にはフリーターという選択肢があった人もいます。
そういった人が一気に老後破産の生活保護を受けることになりかねません。
また、65歳からもらえる年金ですが、以前は60歳から貰えるものでした。
国には老人を養えるだけのお金はありません。
若い働けるうちに蓄える必要があるのです。

今後、日本はどうなるかわかりません。
超高齢社会になり、定年の年数が引き上がる可能性もあります。
そうなったときにどう生きていくのか、また何を準備するべきなのかを今のうちに考えておくべきです。
老後破産は他人事のように感じている人もいるかもしれませんが、明日は我が身です。
そうならないように若いうちから準備することは大切なことです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.thevillagesci.com/mt-tb.cgi/5

コメントする