老後破産  年金だけで生活はできないの?

| コメント(0) | トラックバック(0)

老後破産しないには
どのくらいの水準の月々の最低水準のお金が必要か言いますと、
持ち家ありで26万円で、持ち家なしで賃貸の場合で32万円です。
これは夫婦二人世帯での目安です。

現在の年金水準の平均のモデルは、
65歳から給付される場合に、夫が会社員で35年ぐらいの勤務で、
妻専業主婦の場合には、夫は老齢厚生年金と老齢基礎年金を合わせて16万円で、
妻が老齢基礎年金で7万円で二人合わせて23万円となっており、
先にのべた必要な最低水準には満たないものです。
これはあくまでも平均的な受給のケースで、これよりも低い水準の世帯は多いです。

現行では年金だけは生活をするのは、預貯金の切りき崩しをするか、
あるいは高齢になってもパートとして月額5万円程度の仕事をするかで、
生活設計を考える必要があります。

中には株やFXなどの投資で生活資金を得る方もいますが、
リスクが大きいので推奨できないです。
それゆえに老後破産を回避するために、物価の安いインドネシアやマレーシアに移住して、
老後の生活を送る方も最近では増えてきてます。
現在の平均的な年金給付でも海外では十分に生活でき、
むしろ快適である場合があるので、その傾向が一段と強くなってきています。

ここからは余談です。私はFXはやってませんが、IPOをやったことはあります。
他の株式投資よりリスクが少ないからです。最近だとモンベル上場の噂を耳にしました。
老後の資金作りにIPOでコツコツ資金を調達するのは、個人的にはありですね

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.thevillagesci.com/mt-tb.cgi/4

コメントする